ノニジュースおすすめランキング

セロトニン

セロトニンってどんなもの?

 

セロトニンとは心のバランスを整える作用のある伝達物質のことです。

 

興奮作用のあるドーパミン、ノルアドレナリンの過剰放出を抑制する効果のあるものです。
セロトニンが不足すると、精神的にバランスが崩れてしまいます。

 

セロトニン不足で起こることは
うつ病の発症の原因になってしまったり、暴力的な行動が増えたり、キレやすくなってしまう
といったものがあります。

 

うつ病の治療に使われると効くとピンと来る人もいるかもしれませんが、
過敏性腸症候群(IBS)の治療に使われたりと、
精神疾患に効果があるというとわかりやすいかもしれません。

 

働きは、腸などの消化器官に影響を及ぼすと
最近の研究で判明してきています。

 

 

アミノ酸からセロトニンは作られている

 

アミノ酸の1つであるトリプトファン。
これがセロトニンを作るために必要な栄養成分なんです。

 

 

セロトニンは2%で体を崩壊させる

 

人の体内に存在する量は約10mgと言われています。

 

その中でも9割は消化管粘膜に存在しており、
残りは血小板中、脳内の中枢神経系にあると言われています。

 

その中でも脳の中に占める量は全体の2%と言われており、
その2%のバランスが崩れるだけで
うつ病の発症だったり、暴力的にさせてしまうという症状を呈します。

 

血小板に含まれているセロトニンは、止血作用や血管の収縮を行う際に使用されるとのこと。
ちなみに、血管の収縮作用を持つので、偏頭痛の原因の1つとも言われているのも確かな事です。

 

 

少なくても多くても危険

 

 

セロトニンは脳内に2%と話していますが、
少ないとうつ病などの精神疾患になります。

 

では逆に多いとどうなるの?と疑問に思うかもしれませんよね。

 

多いと、セロトニン症候群という症状が出てしまうんです。
体温の上昇、吐き気、興奮、昏睡など。

 

ですが、この症候群は薬品を使用した際に過剰になった時の反応なので
薬を使用していない人にはほとんど該当しないので、大丈夫です。